Vision

Algorithm Design Labは「泥臭いコンピュテーション・デザインを建築に」をモットーに活動しています。
最新の技術を利用して、デザインの可能性を追求し確実な設計を行うこと、そして思考に時間をかけることでよりよい建築が可能になると考えます。
データ・ドリブンな設計プロセスと技術が、より良い建物づくりに貢献し、
建築・建設業を変えていくことができると信じ、教育・支援活動を行なっています。

Rhinoceros・Grasshopperを利用した3次元モデルによるデザインシミュレーション支援、RevitによるBIMデータの作成と運用支援、環境シミュレーションを利用したより良い建築づくりの支援を行なっています。