Vision

Algorithm Design Labは「泥臭いコンピュテーション・デザインを建築に」をモットーに、
コンピューター技術を用い、より良い建築づくりへの貢献、
そしてより良い建築をつくる人を育てることをビジョンとして活動しています。

RhinocerosやGrasshopperを利用した3Dモデルによるデザインシミュレーション支援、
Revit によるBIMデータの作成と運用支援、
環境シミュレーションを利用したサステナブルな建築づくりの支援などを行なっています。

 

データドリブンな設計プロセスが、より良い建築づくりに貢献し、建築・建設業を変えていく。
そう信じ、設計支援や教育活動に携わっています。

最新技術の利用でデザインの可能性を追求し、同時に合理的な設計を行う。
仕事の在り方を見直し、思考に時間をかけることの大切さを説いてきました。