ALGORITHM DESIGN Lab.

Blog

Jun 16, 2020

建築学科の先生方・学生さんへ


新型コロナウィルスの影響をうけ、オンラインで学習をする建築学科の教員の方々と学生さんに
利用していただきたく、当面の間、無償にて弊社のRhinocerosの学習動画を提供いたします。
まずは、Rhinoの基本の動画を公開いたします。

Grasshopperの基本動画

RhinocerosとGrasshopperを利用した光環境・エネルギー計算ができる
DIVAforRhinoの基本動画 (3か月無料ライセンスを提供します)
・Climate Studioの基本動画
(3か月無料ライセンスを提供します)

以上の動画も順次公開していきたいと思います。

これらの動画の多くは、アルゴリズムデザインラボが清水建設の
コンピュテーショナルデザイン研修のために長年作成・提供してきた動画を、
清水建設設計本部デジタルデザインセンターの協力の元、
工学院大学・早稲田大学の学生さんたちと共に新たに作り直したものです。
できる限り学びやすい動画になるように努めました。

しかし、短期間で急遽リモートで協力しながら作成したものなので、
完璧には程遠いです。それでも、無いよりは良いかなと思っています。
誰か1人でもいいのでオンラインで学習している学生さんや教育をしている先生の役に立てたらと思います。

利用手続き等は、メールにてお伝えいたします。
ご興味のある教員の方は、adlschool@algo.co.jp
タイトル:オンライン動画の無償利用について 
と記入してメールをお送りください。

学生さんは先生に相談してください。
どうしても環境的に学校を通じては学ぶことが難しい場合は、
個別にも対応しますので、adlschool@algo.co.jpに同様にご連絡ください。
弊社の人数は少なく、大勢の個別の方の対応をするのが困難であるため
基本的には、教育機関の担当者の方からご連絡をいただけると助かります。

コンピュータのソフトが使えるようになることは、
鉛筆で文字が書けるのと同じであくまで表現方法の1つだと思います。
早稲田大学の学生さんにはいつも言っているのですが、
Rhinocerosが使えるようになることはすごいことではありません。
Rhinocerosを使えるようになった後、周りの人の役に立つ、
よりよい建物づくり・人づくりに
その能力が貢献出来て初めて少し喜んでもいいと思っています。

いつかより良い建物づくりに貢献するために学生さんたちが
学んでくれるのであれば本望です。

頑張ってください。

以下がWEBサイトになります。
adl-school.tokyo

今回動画作成の協力いただいた学生の皆さん:
アイコン・キャラデザイン
早稲田大学
M2 本間 菫子
   Rhinocerosを難しく考えないように柔らかな雰囲気にするために
   動画の全体のイラストをすべて担当

Rhino(Grasshopper・Diva)動画作成チーム
工学院大学
B2 小澤 龍太
   目黒 斐斗

東京工業大学 大学院 卒業生
梅津 綾

早稲田大学
卒業生 石田有里
M2 本間 菫子
    伊藤 滉彩
B4 小川 裕太郎
   米山 魁
B3 野村 涼 ロバート
   日向野 由香
   藤澤 拓弥
   古田 祥一朗
   山下 桃奈
B2 呉 雄仁
   横山 魁度
   杉山 太一
  (長島怜生)

Climate Studio作成チーム
早稲田大学 田辺研究室 
M2 伊藤 滉彩
   新藤 幹先生
   千本 雄登
B4 小川 裕太郎

スーパーバイザー
早稲田大学 

M2 坂井 高久先生
   すべての作業に関わってもらっています

動画作業に私が時間をさけるためにプロジェクト作業を担当してくれている
M2 山本悠太 もここに記載させてください。

Webデザイン協力
Boil.inc 荒澤 英之

弊社は、ほそぼそとより良い建物づくりに貢献していきたいと思っている小さな会社です。
今回はあくまで学生さんにしか無償にて提供できないことをご理解いただけますと幸いです。

About

このBlogは、アルゴリズムデザインラボのメンバーが日々仕事をする中で気づいた事や、Tipsなどを紹介させていただく場です。